電卓

現在ウォーターサーバー会社ではできるだけ初期費用がかからないサービスを提供しており、以前に比べて少ない出費で導入できるようになっています。

興味はあるけれども費用がネックで導入に踏み切れないでいる方にとってもよいチャンスとなっているわけですが、それだけに実際にどれぐらいの初期費用がかかるのかをしっかりと確認しておくことが大事です。この点はウォーターサーバー会社を比較検討するうえでも欠かせないポイントとなります。

ウォーターサーバーの1カ月の電気代はどれくらいかかる?

ウォーターサーバーを設置する上で注意しておかなければならないのが月々の電気代です。加熱・冷却によって水の品質を維持し続けるためにサーバーの電源はつねに入れたままにしておく必要がありますから、電気代の負担がサーバーの維持費用において大きな比重を占めているのです。

機種やメーカーによってかかる電気代は違いますが、平均的な月の電気代は700円前後です。24時間電源につけっぱなしでこの価格ならばそれほど負担にならないかと思います。極力電気代を抑えたいという方はエコモード(省電力モード)などの機能が搭載されている機種を選択すると良いでしょう。月の電気代が400円くらいに抑えられます。

ウォーターサーバーのレンタル料金はいくらくらい?

初期費用に関しては水の料金以外はほとんどかからないところが増えています。まずポイントとなるのはサーバーのレンタル料金でしょう。大半の会社では無料に設定しており、まったくお金をかけることなく導入・設置することができます。

レンタル料金が発生する場合でも600円~800円程度です。ただ、無料の方がよいよう思えますが、サービス内容や水の料金、サーバーの性能、さらにランニングコストなども考慮したうえでもっとも優れたところを選ぶことが大事です。

ウォーターサーバーを導入して1番お金がかかるのが水

それに対して初期費用の大半を占めるのが水の代金です。基本的にサーバーを設置した際に同時に水も注文・購入することになりますから、レンタル料金が無料のところは初期費用のすべてがこの水の料金になることも多いのです。

この水の代金に関しては各会社ごとに設定が異なるほか、水の種類によっても異なってくるので注意しましょう。例えば天然水よりもRO水の方が安くなる傾向が見られますし、各会社によって一度に届ける水の容量も異なってきます。

例えばA社が24リットルで3600円、B社が36リットルで4500円の場合、純粋な初期費用ではA社の方が安くなりますが、コスト的な面で見ればB社の方が安い、ということになります。このあたりは家族の人数や水の消費量も踏まえ、無理なく使いきれる容量の範囲内で安いところを探していくことがポイントとなります。

電気代については利用環境やサーバーの機能によって異なりますが、月々1000円を超えるところはほとんどありません。1年間に1万円以内というのがウォーターサーバーの電気代の目安となるでしょう。安いところでは500円を切るケースもあり、この点を意識して会社選びを行っていく方法もあります。

ただし、現在のサーバーでは夜間など使用しないときに省エネモードに移行するタイプもあり、どれだけ節約できる機能を備えているかどうかも見ておく必要が出てきています。このように初期費用、電気代ともにそれほど大きな負担ではありませんが、各会社ごとの違いをよく確認しておきましょう。