自宅に配達

ウォーターサーバーを自宅に設置する場合にはまずウォーターサーバー会社を選ぶ必要があります。

現在20社以上の会社が参入しており、それぞれサーバの性能や水の種類、サービス内容、料金などに違いがありますから、どこが自分たちにとってもっとも魅力的か、お得かをよく見極めたうえで判断しましょう。

導入するサーバーの会社を決めたら申し込みです。ほとんどの会社ではホームページから申し込めるようになっています。ページ内に設置されている申し込みフォームやメールアドレスに基本事項を記入した上で申し込みましょう。後日詳しい内容を確認するために会社側から連絡が来るはずです。

連絡がきたら具体的な内容について話し合いを行います。複数のサーバーと水を取り揃えているところがほとんどですから、希望するものを伝えましょう。また最終的に料金がどの程度になるのか、キャンペーンが実施されている場合には自分が適用対象になるのか、どれぐらいお得になるのかをしっかり確認しておきましょう。

この段階で疑問を感じたり、辞めたほうがよい、と思った場合にはきっぱりと断るか、考え直す意思を伝えることも大事です。

なお、相談時には解約時のことも確認しておきましょう。大半会社では導入時に一定の契約期間を設けており、その期間内に解約する場合には解約料を請求してくる仕組みになっているからです。

相談の段階で大丈夫そうだと判断したらサーバーを設置してもらう日時を決めます。いつ設置できるかは会社によって異なりますが、相談の翌営業日か翌々営業日くらいには対応してくれるところがほとんどです。一人暮らし、二人暮らしの場合は休日に対応してくれるかなど都合のいい日時に設置してくれるかどうかを確認しておきましょう。

それからサーバーと同時に初回の水を宅配する形になるため、どれぐらいの量を注文するのかを決めておくことも忘れないようにしましょう。

なお、料金の支払い方法は各会社によって異なっており、クレジットカードや講座自動振替といった種類があります。基本的には現金での支払いではない形で行うため、申し込む段階で判断することになります。

会社のスタッフがウォーターサーバーを運んできて設置するわけですが、その際にはとくに難しい点はありません。あらかじめ設置する場所を決めておけばすぐに使用することができるようになります。その際には使用方法の説明が行われます。とくにボトルの設置と取り外し方法の説明はしっかり聞いておきましょう。

設置したらすぐに使用することができるようになります。とくに難しい点はありませんが、後になって後悔することがないよう、サービス内容と契約内容を確認したうえで最終的な判断を下すことが大事です。